スポンサーリンク

こたかの話 ヲタクに恋は難しい?~こたかの場合~

趣味
スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

「ヲタクに恋は難しい」がめっちゃ面白い!

ヲタ恋のアニメ化して、毎回楽しく視聴させていただいています。

現実のヲタ寄りなところが多くて、いろんな場面で共感しちゃう…!!

原作見たことないけど、一気見してみたくなるくらいツボ。

毎週録画してHDに溜めちゃったりしてます。

ヲタクの種類も最近はいろいろとあるけど、成海はオールマイティーでいけるジャンルの人ですよね。

ゲーム、マンガ、アニメだけでなく、コスプレ、同人、BLなどなど…。ある意味尊敬するw

 

ヲタクに恋は難しい (1)

新品価格
¥880から
(2018/5/12 15:45時点)

 

ヲタクに恋は難しい(1) [ ふじた ]

価格:880円
(2018/5/12 15:46時点)
感想(14件)

本当にヲタクって恋が難しい?

ヲタ恋を見ていると、主人公の成海さんは過去に彼氏が何人かいたけど、ヲタバレして破局したとのこと。

ヲタバレしたくらいで分かれるなら、その男はちっぽけなヤツだなーって感じだけどなー。

私も割とヲタクなところがある…。

というか、普通の一般人からみたらヲタクって言われるんだけど、無事結婚できました。

宏嵩みたいに、ヲタクな相手ではないんだけどね…w

冷静に考えて、私はヲタクなのに普通の一般人である旦那となぜちゃんと結婚できたのか疑問に思ったので、勝手に分析してみたい思います。

 

 

こたかさんのヲタ度はどれくらい?

私のヲタク度というか守備範囲というか?その辺を簡単にまとめると…。

  • マンガ好き
  • ゲーム好き
  • アニメ好き
  • 恋愛の守備範囲はノーマル(百合は見るけどBLはNG)
  • 乙女ゲーよりギャルゲーが好き
  • マンガは描けない。でも描いてみたい。
  • アニメイトとかまんだらけとかヲタ系ショップ好き。
  • イベントは行ったことないし、グッズもあまり持ってない
  • アニソンは大好物。

ヲタ恋の成海と比べると、軽度なのかな?

重度の人から見たら軽度すぎてヲタって名乗るなって思われそう…w

とにかく、掘り下げて見てみましょう。

 

まず、マンガ好き

今は決まったコミックしか買ってないけど、少女漫画・少年漫画・青年漫画どれも見ます。

ジャンルはラブコメがほとんどかな…。根っからの恋愛漫画好き。

青年漫画の恋愛漫画も好きだから、18禁の漫画も実は大好物だったりしますw誰にも言ってないけどw

 

ゲーム好きは幼稚園の時からなのでもう手遅れです。

私からゲームを取ったら精神崩壊します。反抗期の頃は大変でした。

プレイジャンルはRPG、パズル、シュミレーション、音ゲー、アクション、ギャルゲー。

最新ゲームよりもスーファミ世代なのでレトロゲーのほうが好き。最近のゲームが画像がキレイなのと操作が複雑で操作酔いしちゃう…。

 

アニメ好きも幼稚園の時からかもしれない。

セーラームーンやドラゴンボール世代だから90年代のアニメも未だに好き。

中学の頃は一旦アニメ離れしたけど、高校生の頃にでノイタミナが始まってアニメ熱復活!

好きなジャンルはドラマ、恋愛、青春、スポーツ、日常、ギャグ系ですね。

この辺の話は前にも語ったのでそちらの記事を合わせてみてもらえると嬉しいっす。

 

恋愛の守備範囲は恋愛漫画好きの影響でノーマル一択ですかね…。

自分の恋愛自体もノーマルでしたし。百合はたまに漫画で見るけど、BLは守備範囲外です…。

だからと言って、同性愛とか否定はしません。個人の好みにお任せします。

 

乙女ゲーよりギャルゲー好きなのが女ヲタの中でも珍しい部類じゃないかな!?

セーラームーン世代故に、女の子キャラが好きでたまらない性分なんです。

ギャルゲーとかエロゲーに出てくる女の子ってみんなカワイイんだもん。

乙女ゲーはやったことあるけど、自分には合わなかったんだよね。

男キャラで好きなのも少ないし。自分でもその辺の好みは未だに謎です。

 

あとはもろもろ割愛するけど、こういうふうに眺めるとやっぱりヲタ度としては低めかもしれない…。

 

 

オープンなヲタクになったのは大学生の時

自分自身がヲタクだと思い始めたのは中学生くらいのとき。

小学生の時はマンガとかゲームの話を山ほど友達としてたのに、中学入るとそんな会話を自然としなくなっていって…というかタブーなのかな?みたいな雰囲気をさっそうと感じたので即封印しました…!

今と違って、昔はヲタクみたいなトークすると引かれることが多かったし、仲いい友達は少女漫画くらいしか読まず…。って感じだったしね。

 

高校生の時もアニメ・ゲーム・漫画は大好物だけど、日常会話でするのは話題の漫画くらい。

ゲームは友達に何日でクリアしたよ!あれ裏ルートあるよ!くらいな報告をするレベル。

そうやって空気を読んでヲタクを隠すというスキルを身に着けていったんです。ここまでは。

 

空気が一変したのは大学の時。工学部に所属し、男女比20:1のクラスになる。

情報系の学科だったから、周りはゲーム・マンガ・アニメ大好きな人ばかり。

これを知ったら…私隠す必要全くないじゃんと吹っ切れましたw

とは言え、交友関係も広がっていったから接する友人に合わせてヲタクを隠すスキルは継続中。

本当に中のいい友人にはヲタクを隠さずに接し、ヲタクな会話が続かない友人には普通の理系女子大生を演じ、ON/OFFの切り替えをうまくやってました。

 

 

旦那とは大学からの付き合い…ヲタバレはどうする?

そんな感じでヲタクのスイッチON/OFFをうまく切り返しながら、大学の時に旦那に出会い恋をしてしまった私。

彼は普通の男性です。マンガも有名どころしか見ない、ゲームも小学生の時にしたのが最後みたいな。

だから、もちろんヲタクスイッチOFFにして彼に近づきましたよ。

無事付き合うことになり、一緒にいる時間も増えてった時に思ったんです。

 

ヲタバレしたら、ヤバイことになるんじゃないか…と。

 

旦那は人柄的にも優しい人だから、差別したり軽蔑したりすることはないとは思ったんです。

ただ、そんな彼女をよくは思わないじゃない?嫌われたりしたら嫌だし、何よりも私自身をもっと知ってほしい。

そう思った私は割と初期の段階で軽くヲタクであることをカミングアウトしました。

ゲームとかマンガ好きなんだ!という、軽度なレベルからカミングアウト。

その時の旦那の反応は普通。多分よくいる男子と同じレベルと思ったんでしょうね。

 

それから、この人なら大丈夫だと思ったのか、私のヲタ具合を少しずつ解放していきました。

まとめサイトで爆笑するネタを提供したり、昔ハマッたゲームのプレイ具合を語ったり。

ちょうどニコニコ動画全盛期ってのもあって、ニコニコの動画を紹介したりもしたw

 

そんで気が付いたら…。

ギャルゲー好きだとか、エロゲー好きだとか、深いレベルのヲタクトークをしまくってたw

 

深いレベルって言っても、とあるエロゲーは人間関係ドロドロだよーとか作品紹介みたいなものだったけど。

徐々に旦那も耐性をつけたからなのか、もはや諦めたのか分からないけど、決して私を否定したり、引いたり、軽蔑したり、そういうことはしなかったです。

私自身も、ヲタクの価値観を押し売りしたわけでもないしね。

そんなこんなで旦那と付き合ってからは10年以上経ちましたが、未だにヲタクはやめられません。

アニメもゲームもネットもマンガもなんでもするよ!!

 

結論、ヲタクに恋は難しくないよ!!

個人的に感じたこと

  • 相手を見極めてカミングアウトするタイミングを探ること
  • 徐々にカミングアウトしていくこと
  • 自分の価値観を無理に押し付けないこと
  • お互いが楽しめることを増やすこと

が大切なんじゃないかなーって思った。

 

うちの旦那はアニメ全然みない人だったけど、私と一緒になってからは割といろんなものをみるようになったよ!旦那の性質上、ギャグとかメジャーなものしか好きじゃないんだけどね。

ゲームだって、ポケモンとかライトゲーマーでも楽しめるものを一緒にプレイし始めたけど最終的には努力値や5Vとか廃人レベルの情報まで勉強するようになったしw

一番は相手がヲタク趣味に理解がある人であることなんだろうけど。

 

あと、相手に理解しがたいことは、自分ひとりの時やよき理解者と一緒にいるときだけ楽しむってスタンスにするのも大切だと思います。

私の場合はエロゲー原作のアニメが好きなので、そのアニメを見たり、原作サイトとかマンガとか見るのはできるだけ一人の時に楽しむようにしたりしてます。

ようは、全てをさらけ出したりしなくても別にいいんじゃないかって思っただけです。

半分くらい私の話をしてしまいましたね。スミマセン。

 

スポンサーリンク



 

 

でも、成海と宏嵩の関係って憧れるよね

ヲタ恋見ていると、成海と宏嵩の関係がものすごく居心地よさそうで憧れる~!

お互いの趣味とか好きなことを尊重しているし、理解もあるし。

悪ふざけとか冗談の温度も同じレベルだし、好きなことを楽しむのに気を使わなくていいってのは誰もが憧れることだよね。

でもさ、成海ってヲタクとしてのポテンシャルすごく高すぎません!?

アニメ・マンガ・ゲーム・コスプレ・同人・イベントなんでもこなしてるよ!!!

ルックスも申し分ないし、ってか普通にカワイイ!

二次元の話だから成り立つだけなのかな…?

とにかく、最終回までほほえましく視聴していようと思います。

 

 

 

 

 

 

 

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。