スポンサーリンク

テレビアニメ 『あひるの空』 #26 RUSH AND RUSH 感想

アニメ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

2019年10月からアニメあひるの空が放送開始!

初めましての方も、そうでない方も、訪問ありがとうございます!
こたか(@kotacalog)です!

 

 

私の大好きなマンガである『あひるの空』のアニメ化が決定してから1年以上経過し、この秋からようやく放送が始まりました!!4クールで1年放送するとのことです。

原作の最新刊が発売されるたびにレビューしてきた私。連載当初から応援してきた身としてはアニメを見ない理由はありません!!

ということで、これから毎週、アニメ『あひるの空』の最新話の内容や感想を原作と比較しながらまとめていきたいと思います!

長い連載になりますが、楽しんでもらえれば幸いです。

 

 

ここからの話はネタバレを含んでいる可能性があります。
嫌な人は見るのを控えるようにしてください。

#26 RUSH AND RUSH あらすじ

©日向武史・講談社/「あひるの空」製作委員会 ・テレビ東京

地区予選初戦、クズ高の相手は新城東和学園。「個々の能力ならウチのほうが上」という奈緒の言葉もあってか、クズ高は優位に試合を進めていく。しかし、茂吉は全員の能力が新城に勝っているとは思っていなかった。試合が進むにつれ、高橋の戦略と抜群のバスケセンスに牽引された新城のチームプレーに千秋が持ち味とするパスセンスが狂わされる。いらだちを隠せなくなる千秋。一度はタイムアウトを取ろうと考えた奈緒だったが……。

※公式サイトより引用

アニメの第1話は原作コミックス9巻で言うと第70話『光と影』第72話『RUSH AND RUSH』の途中までです。

°˖☆電子書籍でも発売されてますよ☆˖°

 

調子がでない千秋とチーム力が強い新城東和

最初は優勢と思われていたクズ高が、どんどんペースを崩されて新城東和が優勢になっていく試合展開でした。

 

チームスポーツって、個々の力ももちろん大切だけど、チームの団結力も大切ですよね。

チーム全体が誰の弱点を補いながら戦っていく姿勢…それが新城東和は優れているんですよね。

 

クズ高も新城東和もレベル的にはさほど変わりないというのは、アニメでいろんなキャラが言ってます。

だからこそ、チーム力や精神力が試合結果を左右する可能性もあるんですよね。スポーツをやっている人なら誰もが経験したことがあることだと思います。

 

そんな雰囲気の中、珍しくスランプ…というかうまくいかなかったのが千秋。

全てにおいてテンポが狂わされて、それがクズ高のプレイに影響が出ていましたよね。

スキルは高いけど、実は誰よりも精神面が弱いのが千秋なんですよね。中学の時に試合を抜け出しちゃったのも、精神面が弱かったからだもん。

 

試合って独特の空気感があって、流れで実力以上のプレイができる時もあれば、全く実力が出せない場合もある。

コートって魔物ですよね。と改めて思い知らされました。

 

今回のカット&改変シーン

毎回恒例ですが、いつものようにまとめますね!

原作を読み返しながらアニメを見て判明したカット&改変シーンはこんな感じでした。

  • ヨーコの腕に電光石火の文字が入ってない
  • アニメ後半の冒頭、試合の解説がアニメでは行われてない(セリフではないからカット?)
  • 最後のワキ役で殴り合うギャグシーンがカット

と細かくカット&改変シーンをまとめてみました。

ところどころ1コマカットされてるところもありますね。だいたいがプレイの解説をしているシーンですが。

 

ヨーコの腕の「電光石火」はトビの受け売りなのは知ってるんだけど、原作を細かく見て今回初めて知りました。まぁ、アニメでその辺の件が描かれたワケではないので、文字が入ってないほうが正しいと思いますね。

 

試合シーンだからプレイの解説となる画面のカットがぼちぼちあるのはしょうがないかな。

でも、原作でナレーションみたいな感じで入れている解説をアニメでは一切なかったんだよなぁ。解説するより、自分で感じろって意味合いなのかな?

 

冒頭の女子部のシーンのほうがリアルなんだよなぁ…

今回のメインはあくまでもクズ高VS新城東和の男子がメインなんだけど、よりリアルだなぁという描写だったのは男子よりも女子のほうだったんだよなぁ…。

 

地区予選…と言えど3年生にとっては負けた瞬間に高校生活最後の試合となる訳で…。強豪校じゃない普通の高校にとっては1戦1戦が常に勝負なんですよね。

 

現時点ではクズ高女子部がどれだけ真面目に…どれだけの技術があるかは描かれてません。常に1回戦負けと言われてはいるけど、そもそも本気でやっていたのかも分からないし。

 

負けてしまったクズ高女子は、頑張ったとは思うけど、おそらくそこまで本気でやっていなかったのでしょう。

 

負けたことによる引退という現実に直面した瞬間は誰でも「勝ちたかった…」と言うはず。

「楽しかった」と言えるように、日々練習に打ち込めると本当はいいんですけどね。「勝ちたかった」という言葉、全ての人に言えるわけでもないけど、その言葉を使うということは今まで努力が足りなかった自分に対しての後悔の言葉だと思うんだよね。

 

今…スポーツに打ち込んでいる人は、負けてしまったときに「勝ちたかった」で終わるのではなく「楽しかった」「全力尽くした」と言えるように練習していけるといいですね。

 

なんか言いたいことがうまく表現できなかったような気がする…。

とりあえず、個人的には遊びでスポーツやる人は勝てないのは当たり前で…。本当に勝ちたいと思うならば死に物狂いで頑張ったほうがいいよ!って言いたかっただけです。

 

次週以降は本格的に男子の試合が進んでいきます!楽しみにしてましょう!

 

あひるの空の関連商品はこちら

アニメ第26話の原作コミックはこちら
アニメのDVD/Blu-rayBOXはこちら
アニメ主題歌!!
アニメ第1話放送時点の最新コミックはこちら
あひるの空のグッズもあります!

 

 あひるの空の原作コミックを配信している電子書籍サイト [PR]

 

 アニメ あひるの空を配信している動画サイト [PR]

AbemaTV プレミアムなら全て見放題 TSUTAYA TV30日間無料

dアニメストア
31日間無料
 FOD
2週間無料

U-NEXT
31日間無料
 Hulu
2週間無料

Check U-NEXTなら雑誌やコミックも楽しめる!

 ファン必見!あひるの空のグッズ販売店 [PR]


フィギュアが買えるのはココだけ!

CD・DVDはアニメイト限定特典あり!

あひるの空のコラボグッズが多数!

ここでしか買えない週マガ60周年記念グッズが多数!

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました